「痛みに耐える」というのは、思っている以上に体力を消耗する。

10月の末に左膝を怪我してから、無意識で常に痛みに耐えている状態が続いているようで、夜になると体力が底をついています。

そのため、朝起きるのが一苦労の状態が続いていました。

私は「早寝早起き」「目覚まし時計使わず」で生活しているのですが、ここ1ヶ月は早寝はできても、早起きができない状況。

「痛みに耐える」ということに、思っている以上の体力を使っていたようなのです。

knee-2768834_640

怪我の功名?で早起き復活。

しかし、数日前から早起きの習慣が戻ってきました。

左膝が回復してきて、日常ではあまり痛みを意識することもなくなってきたのですが、ふとした時に痛みが走ることがあります。

具体的には、「ねじった時」ですね。


膝というのは、普段はねじることはあまりないのですが、布団の中で寝返りをすると少しねじれるのです。

ある程度意識がある時の寝返りであれば、気をつけているので痛みが走ることはないのです。

しかし、朝、寝ぼけている時の寝返りは、まったく気をつけていないので、激痛が走ります。

一発で眠気が吹っ飛びます。

このおかげで、早起きの習慣が復活しました(笑)

この記事も朝早い時間に更新ができています。

この調子で早寝早起きのサイクルを戻したいですね。