怪我のため、強制的にスピードダウン

気がつけば12月です。

毎年同じことを言っていますが、本当に早いですよね。

あっという間に2018年が終わってしまいます。

sports_soccer_kega

ここのところ、色々あって、ブログの更新が滞っていましたが、なかなか面白い体験をしていました。

1つ目は、10月末に左膝を怪我しまして、スピードダウンを余儀なくされました。

とにかく痛いし、左膝が全く曲がらなかったので、どこにも行けないし、何もできません。

そのため、11月前半の約2週間は、完全に引きこもりのニート状態になっていました。

ただ、引きこもりってつまらないですね。

本職のニートの皆さんは、よくこんな生活ができるものだと、変なところに感心してしまいました(笑)


「仕組み」を構築できれば、動けなくなっても収入の流れは止まらない

ただ、1つ収穫だったのが、

「引きこもり生活をしていても、収入が途絶えない」

という状態を確認できたことと、その素晴らしさを体感できたことです。


私は不動産賃貸業を営んでいますが、この仕事は私が動けなくなっても物件が賃料を稼いでくれます。

わかりきっていたことではありますが、改めてその素晴らしさを体感することができました。


コンサルティングも外出が伴うものはお休みさせていただきましたが、zoomを使って行うものは、椅子に座理さえすれば、相手には上半身しか見えませんので、問題なく実施することができました。

(痛みに耐える必要はありましたが(笑))


最近本格的に取り組み始めた株式投資も、スマホで取引ができるので、動けない状態でも売買をすることができました。


この状態は、

「出来るだけ労働時間を短く、効率的に仕事ができるようにする」

ということを意識してきた成果なのですが、今回の状況を見ると、うまく構築できてきているようです。


春夏秋冬理論の「秋期」の前は減速が必要

また、春夏秋冬理論のサイクルから見ても、今回の怪我はプラスでした。

私は春夏秋冬理論の12年サイクルで見ると「夏2年目」。

もっともエネルギーレベルが高い時期です。

そんな時期でしたから、せっせと忙しく働いていたんですね。

それはいいのです。


しかし、春夏秋冬理論には12年サイクルだけでなく、12ヶ月サイクルもあります。

12ヶ月サイクルで見ると、私の11月は夏3ヶ月目(怪我をしたのは10月末)。

ちょうど、減速を意識し始めないといけない時期なんですね。

そのタイミングでの怪我でしたので、

「ああ、これは減速しろとのサインだな」

と受け取ることができました。

そのため、焦ることはなく、できることだけに集中して取り組むことができました。

結果、体もだいぶ休まりましたので、よかったですね。


そして、12月からの3ヶ月間は、「秋の時期」になります。

12年サイクルでは、相変わらず「夏2年目」で、エネルギーレベルの高い時期ではありますが、12ヶ月サイクルで見ると、

「1年で最もエネルギーレベルが下がる時期」

なのです。

ですので、この3ヶ月間は、仕事のペースも少し落としていこうと考えています。


具体的には、ビジネス交流会への参加を減らします。

私はビジネス交流会・ニーズマッチに参加して、多くの恩恵を受けています。

参加するたびにビジネスの紹介がいただけるので、多いときはひと月に20回近くも参加していました。

しかし、12月、1月、2月の3ヶ月間は、自分が役員を務めている支部以外の参加は控えようと思います。

その間、きちんと収穫し、次の12ヶ月サイクルと、12年サイクルでは「夏3年目」に入る準備をするつもりです。


新しいビジネスも始めましたので、その告知もしたいとは思っているのですが、この時期に焦って取り組んでもろくな結果にならないことは経験からもわかっています。

きちんと腰を据えて取り組んでいきたいですね。