億万長者の教えてくれた成功の秘訣とは?

okanemochi

億万長者に成功の秘訣を聞いてみると、一言、

「Hard work」

と返ってきます。


日本語だと「勤勉」


成功法則系の本だと「大量行動」と呼ばれる言葉です。


そう、成功するには、がんばらないといけないのです!


ですが、その「がんばり方」がわかっていなければ、いらぬ努力をして終わってしまうかもしれません。


そこで、

「副業や起業、新規ビジネスに取り組むときに、どのようにがんばればいいのか?」

ということについて書いておくことにしました。

「これから副業を立ち上げたい」

「起業を考えている」

という方にはお役に立てると思います。

ちなみに、私が新しいビジネスに取り組むときも、同じことをやっていますので、すでに起業されている方も参考にされて下さい。


1.1ヶ月の売り上げ目標を決める

まずはじめに、1ヶ月の売り上げ目標を決めます。

この目標を決める時、「ざっくり」で決めていただいて構わないのですが、「てきとう」はやめてください。


では、どのようにざっくりと決めるのかというと、

「頭の中で『理想の1日』というタイトルの映画を上映する」

のです。

頭の中で上映しながら手元のノートに書き留めるのもいいでしょう。

  • 何時に起きるのか?
  • どのような状況で、どのような朝食をとるのか?
  • どのような交通手段で仕事に行くのか?
  • どんな仕事をしているのか?
  • 1日中仕事をしているのか?それとも短時間労働か?
  • 夜はどのように過ごすのか?
  • 遊びにいくのか?
  • どのような夕食をとるのか?
  • 何時に就寝するのか?
このようなことがわかるように、事細かに書いていきます。


書きあがったら、

「この理想の1日を実現するには、毎月どれくらいの収入があれば実現できるだろうか?」

と考えてみてください。

月収100万円?、500万円?、それとも1,000万円?

だいたい想像はつくかと思いますので、その金額を仮の目標として設定してください。


2.自分の能力を書き出す

自分の持っている能力の中から、仕事になりそうなものをすべて書き出します。

「これはやろうと思えばできるけど、やったことはない」

というものでもかまいません。

「こんなものできるわけがない」

というのは厳禁です。

とにかく、可能性があるものは、すべて書き出します。

書き出した後、想像でもいいので、それぞれの仕事の単価を書き出します。


次に

「1ヶ月にどれくらいの数をこなせるか?」

を考えます。

仮に月に150万円の売り上げが欲しいとします。

1回5万円のコンサルティングを月に30回行えば、月の売上げは150万円になります。

しかし、毎月30件のコンサルティングを獲得することができるでしょうか?

また、30回分の時間を捻出することはできるでしょうか?

体力はもつでしょうか?

集客、時間、体力を考えたら、50万円の商品・サービスを3つ売った方が楽に実現できるかもしれません。

この辺りのバランスも考えつつ、取り組むべきビジネスを決めていきます。


3.よく人から頼まれることを書き出す

人からよく頼まれるということは、

「マーケットが存在する」

「ニーズがある」

ということです。

これもビジネスになる可能性があります。


こちらについても、単価、販売数などを考えます。


4.バックエンド商品を決める

利益を確保する「本命商品」です。

ステップ2とステップ3で候補に上がった商品サービスで、以下のいずれかに当てはまるものをバックエンド商品とします。
  • 粗利率が大きい 

  • 粗利額が大きい 

この2つのうちどちらかに合致していなければ、バックエンド商品にはなりませんので、ご注意ください。


お金 = ガソリン です。

ガソリンが切れてしまえば、ビジネスは止まってしまいます。

お金をできるだけ少人数で効率よく稼ぐためには、粗利のいい商品、サービスを扱うのが1番です。

思い入れだけで粗利の悪い商品、サービスを選ばないでください。

思い入れがあるものや、好きなものは、儲かってから取り組みましょう


5.フロントエンド商品を決める

いきなり本命商品を売り込んでも売れることはありません。

まずは購入しやすい「お試し商品」を購入してもらって、「見込み客」「既存客」になってもらう必要があります。

コンサルタントのフロントエンドであれば、お試しコンサルティングや、低価格のセミナーなどが多いですね。

ここで、

「バックエンド商品を購入してくれる人を集めるためのフロントエンドは?」

ということを徹底的に考えてください。

ここを間違えてしまうと、見込み客の獲得がとても大変になってしまいます。


6.「守破離」の原則を守る

書籍やセミナーで学んだにもかかわらず、

「ここはこうした方がいい」

などと言って、いきなりアレンジをする人がいます。

はっきり言いますが、まだ成長していない段階のスタートアップの人が思いつくアレンジなんて、間違ってるに決まってるじゃないですか。

必ず「守破離」を頭に入れておく必要があります。

  •  = まずは学んだことを「守る」ところから始まります。
    修行の時期ですので、とにかく学んだことを完全に腹落ちするまで繰り返します。

  •  = 学んだ流派だけでなく、他の流派の教えについても考え、より自分に合った型を作り出します。
    既存の型を「破る」わけです。

  •  = 元の流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させます。
    自分のオリジナルです。 

 この段階を踏むのが大切なのですが、大多数の人は、いきなり「破」「離」にいきたがり、そして失敗します。 

まずは教えを守りましょう!


7.顔の見える情報発信

これから起業される方にとって、インターネットの活用は外すことはできません。

その第一歩として取り組んでいただきたいのが、SNSとブログ、メルマガを使った情報発信です。

ホームページを作るのは、その後で構わないと考えています。

ぶっちゃけ、私などは、ホームページを持っていませんし(笑)

ホームページなんぞなくても、ビジネスはできます。

ホームページはなくてもいいのですが、インターネットで情報発信をしないとビジネスはきついですね。


インターネットが生活の中で欠かせないものであることは間違い無いのですが、その一方で、

「インターネットの情報はいまいち信用できない」

という人も増えてきています。

そんな人たちから信用を得るために1番手っ取り早いのが、

「誰が情報発信しているのかを明確にする」

ことです。

「何を発信するか」

だけではなく、

「誰が発信しているか?」

を問われる時代なのです。

顔を出さずに情報発信をして成功している人もいますし、副業の場合は顔を出すことができないかもしれません。

その場合は、顔出しした時よりも、情報の質を高くしていかなければなりませんし、信用を得るのに時間がかかりますので、その点は覚悟して取り組んでください。


8.紹介マーケティングを活用する

私も以前はインターネットのみで集客をしていましたが、ここ数年は 「紹介マーケティング」 を活用しています。

紹介を獲得するためにビジネス交流会(異業種交流会)に参加しています。

こう言うと、

「異業種交流会には参加したことがあるけど、名刺交換だけで終わったぞ!」

という方が多いと思います。

実は、

「交流会用のマーケティング手法」

というものがあるのです。

私はそれを学び、ビジネス交流会で実践しています。


1年ほど前に、インターネットから得られた収益と、紹介で得られた収益を比べてみたところ、紹介からの収益が圧倒的でした。

これ以降は紹介マーケティングに力を入れ、現在では以下のような役割と優先順位となっています。

・紹介
 1.新規見込み客の獲得
 2.人脈の拡大

・インターネット  
 1.情報発信
 2.紹介で得た見込み客のフォロー  
 3.新規見込み客の獲得(インターネットでも新規の見込み客は獲得できますが、獲得コストが比較になりません。)


最近ではメルマガ読者1名の獲得コストは3,000円程度と言われていますが、紹介経由の場合、講座受講生が同じ3,000円で獲得できています。

買ってくれるかどうかもわからないメルマガ読者が3,000円。

お金を払って、お試し講座に来てくれる受講生が3,000円

どちらがいいかは誰でもわかりますね。

紹介の方が圧倒的にコスパがいいです。

「紹介マーケティング」ぜひ活用していただきたいですね。


とにかく始めよう

以上のステップを踏めば、成功率は格段に上がります。

ウダウダと悩んでいる暇があるのなら、まずは動き出しましょう。

「タイミングを見て」

と言う人が多いのですが、そんな人のタイミングが来たのを見たことがありませんので(笑)

人生を変えたいのなら、とにかく動き出しましょう!