副業でビジネスを立ち上げて18年。消えてしまった仲間もいる。

私は大学卒業後、外食企業に勤めてサラリーマンを経験。

その後、退職して家業である農業と園芸店経営、アパート経営に従事しました。

そして30歳の時にマーケティングの勉強をはじめました。

その後、身に付けた様々な知識を活用し、成功と失敗を繰り返し、現在は相続&不動産コンサルタントとして仕事をしています。


現在48歳ですので、真面目にビジネスの勉強をするようになってから18年が経っています。

その間、多くの知り合いが夢破れて消えていきました。

今では連絡も取れない、消息も分からない、という人もいます。

その一方で、着実に成長し、俗に言う「成功者」と呼ばれるようになった人もいます。


高確率で成功できるビジネスの進め方

kigyou_business_man

これら「成功する人」と「失敗する人」を見てきたこと、そして自分自身の経験から、私には

「推奨するビジネスの進め方」

というものがあります。

そんなに難しいものではありません。

まとめれば3行です(笑)

  • パソコンやスマートフォンなどのITデバイスと、クラウドサービスを活用し、低予算&少人数でビジネスを立ち上げ、運営する。 
  • 嫌いな人とは付き合わず、時間に縛られず、好きな場所で、顧客に貢献できるビジネスに取り組む。 
  • ビジネスで得たお金で国内不動産を取得し、資産とストック型の収入を確保。 

多くの事例がありますので、この3つのステップをきちんと踏んでいくことができれば、まず成功すると思います。


この書き方だと、1番始めにインターネットビジネスを立ち上げるように見えるのですが、別にインターネットビジネスである必要はありません。

「インターネットを活用して効率よく」

と言っているだけですので、必ずじもインターネットビジネスである必要はありません。


不動産賃貸業はマイナスからのスタートだと難しい

また、始めから「不動産賃貸業」というビジネスに取り組んでもいいでしょう。

ただし、

「はじめから不動産賃貸業に取り組むかどうか?」

は、その人が置かれている状況によると思っています。

ざっくりした言い方ですが、現在置かれている状況がプラスかトントンの人は、ビジネスとして不動産賃貸業にチャレンジしてもいいでしょう。

状況が明らかにマイナスになっている人は、何かしらのビジネスを「1人ビジネス」の形で始めた方がいいと思います。

ちなみに私の場合は、親がアパート経営をしてはいましたが、マイナス状態だったため、不動産賃貸業の規模拡大を図るよりも、副業で情報販売ビジネスを立ち上げる方を優先しました。


この3ステップは、とても再現性が高いものですので、ぜひ、取り入れていただければと思います。

私はこのような経験、考えがあるので、
  • 起業家に対するサポートとして、ビジネス交流会の運営やマーケティングのコンサルティング  
  • 不動産賃貸業のサポートとして、大家さん学びの会の運営や不動産実務検定の講師、相続&不動産コンサルティング 
 を提供しています。


「3ステップはわかったけど、どのように取り組んで行けばいいのかが分からない」

という方は、私の運営するコミュニティに参加してみてください。

何かしらのヒントはお渡しできると思います。


▼ニーズマッチ ・アライアンス支部(浦和)


▼大家さん学びの会(東京)