ブログは修行の場

昨日はブログを5本更新。

僕の仕事は相続&不動産コンサルタントなので、日記を毎日書いていても仕事につながる可能性は極めて低い。

日記での仕事に関する記述は、「コンサルティングを実施」くらいなので、仕事内容はまったく伝わらない。

仕事に繋げたいのであれば、仕事に関するコラムを書いた方が、絶対に正義である。


しかし、最近の僕の中でのブログの位置付けは、「仕事を獲得するツール」ではない。

「修行の場」である。

何を修行しているのかというと、まずは筆力

ここ数年、ブログ、メルマガ共に更新(配信)頻度が落ちており、筆力が落ちたと感じることが多くなってきている。

この筆力を元に戻すべく、修行をしている。


そしてもう1つは、いくつかの実験。

今書いているこの記事でも、文体を変えてみたり、一人称を「僕」にしてみたり、といった実験をしている。


この2つの目的にとって「更新頻度」というのは、とても大切である。

そして、更新頻度を最もお手軽に稼ぐことができるのが「日記」である。

ということで、必死になって日記を書いているし、昨日までのように数日更新できなければ、そのままにすることをせずに、まとめて更新するようにしている。


Aratiはいつも通りの美味しさだった。

そんなわけで朝からPCに向かっていたのだが、昨日は妻がガーデニング講師の仕事で出ていたため、ランチは子供たちと外食することに。

娘にリクエストを聞くと、「インドカレー屋さんがいい」とのことなので、お気に入りのインドカレー屋さん、Aratiへ。

IMG_9888

インドカレー店というと、今ではどこにでもある業態だが、僕の知る限りこの店が1番美味しい。

今回はマトンカレーの激辛をオーダーした。


お地蔵様と神様にご奉仕

娘のリクエストに応えるためとはいえ、糖質の高いランチとなってしまったため、エネルギーを燃やさなければならない。

そこで午後は、息子と共に雑用をこなしながらの散歩をすることにした。


まずは近所のお地蔵様に花を添えるため、花を購入してからお地蔵様へ。

なんでこのようなことをしているかというと、地元の町会で当番制になっており、今年1年は僕が当番だからである。


ただ残念なことに、花屋に行ったところ、お地蔵様の花はあったものの、榊が売り切れであった。

昨日は1日なので、神棚の榊を交換しなければならない。

そこで息子と2人で少々離れた花屋さんまで散歩。

「これで売り切れだったら、ショックがでかいなあ」

などと話しながら向かったが、無事に榊を購入することができた。


なぜ、男の子は廃屋が好きなのか?(笑)

さて帰ろうと思ったら、息子が少しだけ遠回りをしたいという。

どこに行くのかと思ったら、

「昔遊んでいた廃屋を見てみたい」

と言う。

小学生の時に、探検ごっこなどをしていたらしい。

僕も嫌いではないので、行ってみることにした。

IMG_9889

想像以上に男の子ゴコロをくすぐる外観。

蔦が茂り過ぎていて、すでに入口もわからなくなっていた。


その後帰宅して、ブログ更新の続き。

そして、7月から使う手帳の準備をして、1日を終了した。