Macの購入でアップルストアの実店舗に行くのは実は初めて。

昨日は新しいMacを購入するために、妻と一緒に銀座のアップルストアへ。

長年愛用しているMacBook Airが1日に10回以上フリーズするようになってしまい、仕事に支障をきたしていたのだ。

さらに妻のMacBook Airもディスプレイに異常が出たり、クリックができなくなったりと、こちたも仕事に支障をきたすようになっていた。

正直、2台同時にMacを入れ替えるのは手痛い出費であるが、最も使用頻度が高い商売道具をケチるわけにもいかず、入れ替えを決意した。


いつもであれば、通販で注文して終わりなのだが、今回はアップルストアに足を運ぶことにした。

すでにMacの調子が悪いので、少しでも早く切り替えたかったのと、たまには専門のスタッフに相談して購入してみたかったのだ。


アップルストアのスタッフからのアドバイスは参考になる

暑い日差しの中、アップルストアに到着。

IMG_9845

様々なMacが並んでいる中、自分にピッタリの1台を探す。

僕自身は使用頻度は高いものの、PCに大きな負荷がかかるような使い方はしていない。
  • テキストエディタを使っての執筆
  • ブログの更新
  • zoomを使っての通話
  • チャットワークを使ってのサポート
このような作業なので、PCに大きな処理能力は求めていない。

そうなるとMacBook Proは必要なくMacBookで十分である。

アップルストアのスタッフに相談してみても同じ見解だった。

そのため自分用のMacは、MacBookに決定した。


一方、妻の方は決定までに時間がかかった。

妻はMacを持ち歩きたい、というニーズを持っていた。

持ち歩くのであれば、MacBookの方がいいに決まっている。

軽さは正義である。


しかし、妻の仕事の中で大きなウエイトを占めているのは動画である。

動画編集というのは、そこそこのマシンパワーを要求する作業なので、そうなるとMacBook Proの方が向いていることになる。

だが、パワーの面は申し分ないのだが、軽さという部分ではMacBookに劣る。

MacBookとMacBook Pro(13インチ)の重量差はわずかに450グラムだが、実際に手に持ってみるとかなりの差を感じる。

1日持ち歩くと、その差はさらに大きく感じるだろう。


妻は「軽さ」を取るか、「パワー」の取るかの選択に迫られた。

その結果、決め手になったのは、

「すでに最高性能のiPhoneを持っている」

ことだった。

以前iPhoneを入れ替える時に、

「外出時にはiPhoneだけですむ事も多くなってきた」

「ならば、常に持ち歩くiPhoneは1番いいものにしよう」

「その代わりMacはそこそこのものにしよう」

という考えの下に機種を決めていたのだ。

これにより妻のMacは、軽さよりもパワーを優先して、MacBook Proとなった。


Mac購入後はGINZA SIXに立ち寄ってランチ。

お手頃価格でセレブ気分が味わえるのはありがたい。

銀座の街を見下ろしながら食べる牛丼はなかなかであった。

えせセレブである(笑)

IMG_9848

IMG_9850

帰宅後はさっそくセットアップを行い、MacBook Airには引退してもらった。

新しいMacBookはサクサクと動き、非常に快適である。

このMacBookを使って、今まで以上にブログやメルマガ、クライアントサポートにつからを入れていきたい。

IMG_9853