あなたは、 「自分は幸運である」 と思っていますか?

自分のことを「運がいい」と信じること。

これは、「運のいい人」になるために、とても大切な要素になります。


「運がいい人」は、自分のことを幸運だと思っているし、

「この幸運が将来も続く」

と思っています。


OOK88_inoruookawasan_TP_V

「幸運を信じている」

という言い方をしてはいますが、これは、

「自分のことを信じている」

ということと同義なんですね。

「運がいい人」というのは、

「自分が幸運であると信じている」=「「自分のことを信じている」

ということなのです。


「運のいい人」は、可能性がわずかでも努力します。

失敗しても、すぐに諦めることをしません。

「自分は幸運な人間だ」と信じていますから、諦めずにチャレンジしていけば、いつか成功する、と思っているわけです。

よく、

「100%成功する方法がある。  

 それは、成功するまで諦めないことだ」


と言いますが、まさにその通りの行動をしているわけです。


そして、「運がいい人」は、 「対人関係がうまくいく」 と信じています。

なので、人とコミュニケーションを取ることを、恐れることはありません。

ここ数年、ビジネスの拡大においても、人生の充実においても、「コミュニティ」を活用することは必須となっています。

コミュニティを活用するには、対人関係 = コミュニケーションのスキルが必要になります。

「スキルが必要」と考えてしまうと、身構えてしまって、他人とコミュニケーションを取ることが怖くなってしまう人もいるでしょう。

しかし、「運がいい人」は、「対人関係がうまくいく」と思っていますので、コミュニケーションに臆することはありません。

どんどんコミュニケーションをとり、人脈を拡大していきます。

人脈の拡大は、ビジネスの拡大、人生の充実に繋がりますので、「運がいい人」は、どんどん幸せになっていく、ということなのです。


「運がいい人」になるためには、自己暗示をかけましょう。

自己暗示というと難しそうですが、要は思い込めばいいのです。
  • 自分は幸運だと信じる
  • この幸運はずっと続くと信じる
  • 可能性がわずかでも努力し、失敗しても諦めない
  • 対人関係がうまくいくと信じる 
 ぜひ、取り組んでみてください。