Twitterのタイムラインに以下のブログ記事が流れてきました。


「随筆」と「エッセイ」の違い。


詳しくはリンク先の元記事を読んでいただきたいのですが、簡単に言うと、以下のような違いになるそうです。

book-1760998_640

随筆 = 本当にあったできごとの見聞や感想を自由に描いたもの。

エッセイ = 出来事の描写ではなく、書き手のパーソナルな心の様子を描いたもの、告白的なもの。



なるほどー!って感じですね。

今まで、「随筆」と「エッセイ」の違いって、いまいちわからなかったんですが、この記事を読んで、スッキリしました。


この定義でいくと、私のブログは随筆的傾向が強く、メルマガはエッセイ的傾向が強いですね。

ブログの場合、すべての記事が公開されますので、過激すぎることや、秘密っぽいことは、あまり書けません。

しかし、メルマガの場合は、登録いただいている読者の肩だけしか読みませんので、ある程度の秘匿性があります。

なので、自分の考えというのは、メルマガに書くことの方が多いですね。

実際、メルマガで配信した記事は、できるだけブログに転載したいとは思っているのですが、いざ天才しようとすると、

「この記事は、公開記事として掲載するのはちょっとなあ」

ということが、よくあります。

こう考えると、メルマガとブログというのは、まったく違う性質の記事が掲載されるものですから、情報発信する人は、両方やった方がいいですね。