身も蓋もない言い方ですが、ぶっちゃっけ、ビジネスを大きくするためには、運が良くなければダメです。

あたり前ですが、運が悪い人が成功する確率は「0%」です。

sad-2635043_640

「では、運が悪い自分は、成功することができないということか!」

と、怒りに震える方もいると思いますが、まあ、そういうことです。

「運が悪い成功者」(笑)って見たことありますか?

見たことありませんよね? そういうことです。


運が良くなければ、成功することはできません。

「運は生まれつき決まっているもの」

「つまり、成功できるか、そうでないかは、生まれつき決まっているということか」

「では、自分が成功するのは不可能ということだ」

そのように考えて、諦めるのはちょっと待ってください。

確かに、生まれつき運のいい人、というのはいますが、

「運の悪い人が、取り組みによって運を良くする」

ことは可能です。


それでは、「運がいい人」というのは、どのような人のことを指すのでしょうか?

俗に言う「成功者」とか「運がいい人」というのは、

「運を良くする方法を、生まれつき教わってもいないのに、無意識にできる人」


です。

もう少し細かく定義してみます。

  • なぜか「偶然」チャンスに巡り合う 

  • 「なんとなく」決定したことが、良い結果につながる 

  • 「不思議と」夢や目標が実現する

  • 「不運を幸運に」変える力がある 

様々な意見があるとは思いますが、こちらの定義に、完全に反対される方はいないでしょう。

「運のいい人」というのは、「偶然」とか「なんとなく」で、意思決定して進んでいくと、「夢」や「目標」が実現してしまうんですね。


しかし、この「偶然」とか「なんとなく」というものは、

「日々の考え方(生き方)」

の結果もたらされるものなのです。

「運のいい人」「成功者」と呼ばれる人たちは、この考え方(生き方)が、無意識にできているんですね。


我々凡人は、そんなことはできません。

だから凡人なのです(笑)

ですが、

「運を良くする方法を学び、意識して取り組んでいく」

ことはできます。

これによって、「運がいい人」になることは可能です。


「運がいい、悪い、というのは、生まれついての運命ではなく、日々の生き方(考え方)で変わる」

ということを覚えておいてくださいね。