こんなタイトルで書くと怒られそうですが、大事なことだと思いますので、書いておきます。

大家さん・不動産投資家は情報に対するアンテナ感度が低すぎます。

正確にいうと、アンテナが「お金」に向きすぎています。

物件購入、融資、規模拡大、節税など、直近のお金に関する情報には感度が高い人が多いのですが、経営全般、マネジメントなどに関する情報に対して、反応しない人の比率が高過ぎます。

learn-2004899_640

お金の情報を求めるのが悪いと言っているわけではないのです。

ただ、経営者、ビジネスマンなのですから、ファイナンス(お金)、マーケティング(商品、集客)、マネジメントの3本柱がしっかりしていなければ、長続きはしないと思うんですね。


実際に、このようなことがありました。

過去2回ほど、私が直接話を聞いて、

「これは大家さん、不動産投資家の皆さんに聞いてもらいたい!」

と思った、異業種の講師を、私の勉強会に呼んだことがあります。

1人は生命保険関係、もう1人は飲食関係です。

私はこの2人の話の内容に絶対の自信を持っていたのですが、実際に集客してみると、いまいち集まりが悪い。

大家さん、不動産投資家の多くは、

「これらの話がどのように自分に役に立つか?」

が理解できなかったようなのです。


生命保険は直近ではなく未来の話ですが、資産を持っている人、自分のビジネスを持っている人は、絶対に必要な知識です。

飲食関係の話は、日本最高レベルの方でしたので、業種の関係なく、ビジネスマンなら聞いておくべき内容でしたし、大家さん、不動産投資家が応用できるトピックもたくさんありました。


この2つは他にも共通点がありまして、どちらも終了後に、以下のように言われました。

「なんで、こんなにいい内容だって、先に言わないんですか!」

「この内容だったら、友人を無理にでも連れてきたのに!」


いや、ちゃんと告知してたんですが(笑)


そして、終了後に、講師の本がアマゾンでばか売れしていたのも一緒ですね。

「いやー、想像以上にいい話だったので、講演中にスマホで注文しちゃいました!」

いや、だから役に立つ話だって言ったじゃないですか(笑)

こんな感じなんですね。


その一方で、「3年でセミリタイヤ達成!」みたいな、いかにもな講演テーマだとあっさりと集客できてしまいます。

某巨大掲示板に

「西山の勉強会は不動産に関係ないものが多いので役に立たない」

と書かれたこともあります(笑)

ちなみに、誰が書いたのかは分かっているのですが、その人はすでに不動産賃貸業の世界から消えています。

物件価格高騰の前に消えましたので、今回の不動産バブルの恩恵を受けてのリタイヤではないでしょうね。

そりゃそうです。

まったく学んでいない人がビジネスやってたんですから、消えて当然です。

この状況、私は、かなりヤバイと思っています。


多くの方が取り組んでいる不動産投資は、「不動産賃貸業」ですので、通常のビジネスとなんら変わるところはありません。

ファイナンス、マーケティング、マネジメントの3本柱が必要です。

でも、大家さん、不動産投資家は、ファイナンスにばかり集中する。

マーケティングを学んでいないから、とんでもない立地の物件をつかまされたり、空室対策がうまくいかない。

マネジメントを学んでいないから、業者さんとの連携がうまくいかない。


そんな人をたくさん見てきました。


もう1度言います。

大家さん・不動産投資家は情報に対するアンテナ感度が低すぎます。

自分たちがやっていることは、通常のビジネス・会社経営となんら変わらない、ということを自覚して、物件購入以外の知識もきちんと学び、賃貸業にきちんと取り組んでいただきたいですね。

その助けになりたくて、私はコンサルティングや勉強会の運営を行っています。