月並みですが、IT環境の進化は、日々めざましいものがあります。

例えば、遠隔コンサルティングに使っているツール。

以前は固定電話を使ったコンサルティングだったのが、Skypeになり、今はzoomです。

Skype派の人には申し訳ありませんが、zoomを知った今、Skypeなんてアホらしくて使ってられません。


メールもそうですね。

電子メールだったものが、現在では、Facebookメッセンジャーや、各種チャットツールになっています。

LINEを使っている人も多いですね。

メールを使う機会は本当に少なくなりました。


他にも、クラウドを利用しているため、パソコンの容量はあまり気にならなくなりました。

必要なファイルを必要な時にクラウドから落とせば良いだけなので、パソコンに保存されている必要はありません。

本当に便利な世の中になったものです。


このような話をすると、

「西山さんはITに詳しくていいですね」

と言われます。

なーに言っとるんですか!!

私は歯をくいしばってついていってるだけなんですよ。

PAK85_MBAdesagyou20140312_TP_V

私のことを知っている人には有名な話なのですが、私はタッチタイピング(ブランドタッチ)ができません。

指も左右の人差し指と中指しか使えないので、かなり遅いし、効率も悪いです。

そんなスピードとスキルしかなくても、私はブログを書き、メルマガを書き、書籍の出版もして、ビジネスをここまで広げてきました。

こんな人間がITに強いわけがないじゃないですか。

だいたい、私はExcelが使えません。

今就職活動したら、ITスキル不足で、確実に落とされるでしょうね。


ただ、売上に直結するツールや、ビジネスの効率を上げるツールについては、かなり使いこなしていると思います。

これは、死ぬまで仕事をしている予定だからです。


良い、悪いの議論は置いておいて、現代のビジネスにおいて、

「いやー。パソコンは苦手で」

とか、

「いやー、Facebookってわからんのですよ」

というのは、

「字が書けないんです」

「自転車に乗れないんです」

と言っているのと同じです。


そんな人に仕事は回って来ませんし、スピードの早くなった現代のビジネス環境に対応する事はできません。


私はセミリタイヤなどにはまったく興味がなく、寿命が尽きるその日まで、何かしらの仕事をしていたいと思っています。

その為には、世の中の変化についていくしかありません。

でないと、仕事になりません。


しれっと、あたり前のような顔で、

「いやー、パソコンとかITは苦手で」

と言っている人は、かなりヤバイと思います。

「自分にはできない」

とか言っていないで、歯を食いしばってついていってください!

#7blogs