私のコンサルティングは、zoomを使って行うことが多いのですが、そのスケジューリングは、担当秘書がクライアントさんとメールのやり取りをして決定しています。

email-824310_640

そのメールのやりとりは、私にところにもCCで飛んできますので、その内容に問題がない事は把握しています。

にも関わらず、

・日時を勘違いする

・連絡先を間違える


という人が一定数います。


私のコンサルティングは、不動産関係が多いので、クライアントさんの多くは、不動産投資家とか大家さんと呼ばれる人達です。

その中でも、ある程度経験を積み、安定した経営ができている人は、あまり間違いをする事はありません。


その一方で、メールの内容を間違えるのは、これから物件を取得して不動産投資家デビューをしようとする人たちです。

つまり、これから数千万円以上のお金を扱おうとしている人たち、ということです。


数千万円のやり取りには、契約書を交わします。

その契約書の中身が自分に不利に作られていれば、大打撃を受けることもあります。

悪徳業者が、しれっと瑕疵担保責任の条項を削除する、というのは、よくありますね。


そんな投資をしようとしているのに、メールもきちんと読めないというのは、致命的だと思うのです。

メールの内容もきちんと把握できない人が、数千万円以上の投資をする、その契約書を読み込むことができるとは思えません。

やめておいたほうがいいと思いますね。


まずは文章をきちんと読み、その内容を理解した上で行動する。

このことができるまでは、投資なんて考えない方が賢明です。

#7blogs