ビジネスの効率化にはツールの活用が必須

少人数で最大の利益を上げるためには、効率化への取り組みが必須です。

ビジネスの効率化にためには、様々なビジネスツールを活用することが有効ですので、様々なツールやサービスを利用することになります。

cloud-2104829_640

ちょっと考えただけでも、

・ペライチ(ランディングページ)
・エキスパ(メルマガ配信&フォーム)
・G Suite(Gmailの有料版みたいなもの)
・Dropbox(クラウドストレージ)
・iCloud(クラウドストレージ)
・Evernote(スクラップブックのクラウド版みたいなもの)
・Eght(クラウド名刺管理)
・Chatwork(ビジネスチャット)


とまあ、色々あります。

忘れているものもあると思いますので、実際にはもっとありますね。

これらの月額は、そんなに高いものではありません。

Chatworkは月額400円程度ですから、その効果を考えれば激安です。

ペライチは月額1,700円程度で、常時3〜5のランディングページが動いていますので、これも決して高くはありません。


このように、実際に効果が出ているものはいいのです。

問題なのは、

・契約しているのを忘れてしまっているもの
・他に安価な代替サービスがあるもの


です。


安価だと思っていたものも、×12ヶ月で見てみると…

私の経験で言うと、以前契約していた、メルマガ配信&フォームのサービスは、月額で20,000円程度が課金されていました。

当時、私のビジネスの中核はメルマガでしたし、講演依頼をガンガン受けていた時期ですので、お問合わせフォームもフル稼働していました。

そのため、月額20,000円を高いとは感じませんでした。


しかし、ある時、ふと思ったのです。

「月額20,000円ということは、年間にすると×12ヶ月だから、240,000円だな」


ゾッとしました。

240,000円の利益を売るために、どれだけの売り上げが必要なのか?



私の講演料は決して安くはないと思っているのですが、それでも2本はやらないと240,000円は賄えません。

不動産賃貸業の最終手残りは、物件価格の2%が目安と言われていますので、12,000,000円の物件に相当します。

メルマガ配信とフォームのシステムだけで、12,000,000円の物件と同じなのです!


このことに気づいた時にやばいと思いまして、惰性で使い続けていた各種サービスを見直しました。

その結果、メルマガは、月額2,000円のサービスでも問題なし。

フォームも月額2,000円のサービスで問題がないことがわかりました。


というわけで、即解約&変更しまして、月額20,000円から月額4,000円へと、コストダウンしました。

年間で考えると、240,000円から48,000円ですから、192,000円のコストダウンです!


現在では、さらにシステムを乗り換えたため、もう少しだけ安くなっています。


このように、月額で考えると大したことがないものでも、×12ヶ月で考えると、大きな金額になることがあります。

本当にそれに見合ったリターンがあり、代替サービスがないのであれば、そのままでもいいのですが、

・費用対効果が見合わない

・もっと安価な代替サービスがある


といった場合は、見直し&乗り換えを検討した方がいいでしょう。