私は定期的に、弊社セミナールームにおいて、不動産実務検定2級認定講座を開催しています。

6時間×2日間=12時間に及ぶ講座ですが、すべてを私1人で講義を行います。

それなりに疲れはしますが、慣れてしまいましたで、特に苦もなく2日間講義を乗り切ることができるようになりました。 



講座は「認定講座」ですから、認定テキストに沿った講義を行います。

ただ、それだけでは面白くないで、自分経験から得たウハウもお話しするようにしています。


私は大家業キャリアは23年になりますで、そこそこベテラ ンです。

ため、経験はたっぷりありますで、ネタに困ることはありません。

そして、経験から得たウハウを本気でお話しする。

これが受講生さん心に1番響きます。


私はどんなビジネスでも、

「顧客利益を最大化する」

ことが、正しい姿だと思っています。

不動産実務検定講座を開催する時は、

「こ講座を受講することによって、受講生皆さんに正しい知識を身に付けてもらい、しっかりと稼げるようになってほしい」

と思いながらお話をしています。

ためには、本気で、魂を込めて話さなければなりません。

ですから、私話し方は、とても暑苦しいです(笑)


ですが、魂込めて話さないと、そ言葉は受講生中に染みこんで でいくことはありません。

暑苦しいは我慢していただいて(笑)、これからも

「経験から得たウハウを『本気」でお話しする」

ということを、心がけていきたいと考えています。