初めはダイレクトレスポンスとインターネット

私は30歳の時に父が亡くなってから、ビジネスの前線に立つようになりました。

1番初めに神田昌典先生の事を知り、

・感情マーケティング
・ダイレクトレスポンスマーケティング
・コピーライティング


を学び、ビジネスに活用してきました。


その後、インターネットマーケティングに取り組んだのも、きっかけは神田先生の教えです。

その教えに従って、2003年というインターネット黎明期にメルマガを創刊し、メルマガがきっかけとなって、今のビジネスが成長してきました。

インターネットマーケティングの教材も販売しています

自分では、

「神田先生の教えをベースにした、インターネットマーケティングが、自分に1番多くの利益をもたらしている」

と思っていたんですね。


侮れない「紹介」のパワー

ところが先日、衝撃的なことに気づきました。

私に1番多くの利益をもたらしていたのは、インターネットマーケティングではなかったのです!

私に1番多くの利益をもたらしていたマーケティング手法。

それは、リファーラルマーケティングでした。

PAK24_akusyuwokawasuhutari1194_TP_V

「リファーラル」とは「紹介・推薦」の事です。

私が今までビジネスで得てきた利益のうち、1番比率が高かったのが、リファーラル(紹介・推薦)から得られたものだったのです。


振り返ってみると、確かにそうなのです。

今だから種明かししますが、私が神田先生のコンテンツ「春夏秋冬理論」において、開講数日本一の講師になることができたのは、リファーラルマーケティングのおかげです。

当時、私はBNIというリファーラルマーケティングを実践する異業種交流会に参加しており、その仕組みを使って、受講生さんの集客を行っていました。

仲間からの紹介とインターネットのダブル効果で、多くの受講生さんを集めることができていたのです。

そのことが、現在行っている、「人生のライフサイクル」を使った個別セッションにつながっています。


不動産&相続コンサルティングについてもそうです。

私は昨年から、いくつかの売却コンサルティングの依頼をいただき、不動産事業者と組んで、数億円の売却を行いました。

こちらも紹介を得られる異業種交流会に参加して、案件や売却先の紹介を得ていました。

今回、機会があって、改めて計算をしてみたら、過去数年間にリファーラルマーケティングから得られた利益を合計すると、インターネットマーケティングから得られた利益を軽く超えていました。


「得意分野に集中する」 というのは、ビジネスの基本です。

自分がリファーラルマーケティングに強みがあるのであれば、

そこに集中するべきです。

というわけで、今後はインターネットだけでなく、リファーラルの方にも力を入れていくことに決めました。

さっそく、いくつかの手を打ちましたので、どんな結果になるのか、今から楽しみにしています。


参加したことがあるリファーラル組織

西山が実際に参加した事があるリファーラル組織をご紹介しておきます。

参考になさってください。


BNI

西山が初めて参加した、リファーラルマーケティング組織。

紹介することをコミットメントとして強制されるので、とにかくリファーラルマーケティングを身に付けたい方にはおすすめ。

過去見てきた中では、単価の低いビジネスは成果が出やすいですね。

もし、自分が飲食店経営者だったら、絶対にBNIに入会します。


ただし、チャプター(支部)によって、その実力(得られる効果)が全然違うので、入会時には見極めが必要です。


ニーズマッチ

BNI退会後に入会した、リファーラルマーケティング組織。

BNIよりも緩いので、「コミットメントに縛られるのがきつい」という方にはおすすめ。

西山個人は、BNI時代よりも多くの紹介をいただいています。

こちらも支部によって得られる効果に差があるので、入会時には見極めが必要です。