相続コンサルティングが伸びています。

「メルマガ配信とブログ更新がんばるぞ!」

と気合いを入れても、なかなか実現することができません。

私は春夏秋冬理論の12年サイクルが、今年から「夏1年目」なのですが、さすが12年で1番エネルギーレベルが高くなる夏期。

Sカーブ

ちょー忙しいです(汗)

特に忙しいのは、相続コンサルティングですね。

昨日も静岡まで行って、コンサルティングしてきました。


「最近は、空室対策や新築のコンサルティングよりも、相続対策の方が多いなあ」

などと、思っていたのですが、ついに相続対策コンサルの件数が、空室対策や新築コンサルに追いついてしまいました。

クライアントさんにも喜んでいただけているので、相続対策コンサルが伸びてきたのは、いいことだと感じています。

収入的にも悪くはないですし(笑)


春夏秋冬理論でビジネスの戦略を調整する

このおかげで、ここ数ヶ月はとても忙しくさせていただいてるわけですが、この状況は、たまたまそうなったわけではありません。

春夏秋冬理論のサイクルを活用して、ビジネスの戦略を調整し、実現したものです。

詳しい話は長くなるので、講座でお話ししようと思うのですが、肝心なところは、ブログでもお伝えしておきますね。


▼西山による春夏秋冬理論アドバンス講座  


肝心なところ、というのは、

「春夏秋冬理論の12年サイクルで『春2年目』の人は油断してはならない!」

ということです。


▼春夏秋冬サイクルの無料判定はこちらから


今年が「春2年目」の人は要注意!

「春2年目」のテーマ(課題)は、 「積極的な仕掛けと自己探求」


私は春夏秋冬理論の専門家ですから、もちろん知っていたわけですが、ちょっと甘く考えていました。

このテーマ(課題)をクリアするためには、相当気合いを入れて自己探求する必要があります!

ちょっと考えたくらいではいけません。

自分の可能性について、徹底的に考え抜くのです。


私はテーマ自体は知っていましたから、「春2年目」の時、それなりに自己探求はしたのです。

今、改めて振り返っても、けっこう自己探求していたと思います。

しかし、まったく足りていなかった。


「春2年目」の自己探求が足りていない状態で「春3年目」を迎えた私がどうなったのか?

ビジネス&人生に行き詰まる寸前まで追い込まれました。

いやー、今だから言いますが、2016年は本当にきつかったです。


ただ、追い込まれることによって、おしりに火がつきますから、もう必死です。

「どうすれば、この状況から脱出することができるのか?」

「そのために自分にできることは、他にはないのか?」

常に頭をフル回転させて考えていました。

気づかれた方もいると思うのですが、これって、強制的に自己探求させられているのです。


2016年の後半に入ったとき、そのことに気づきまして、改めて自己探求を意識し、その結果に基づいて、ビジネスの方向性を調整しました。

それが、現在の好調につながっているんです。

正直、寝ている時に、夢の中でも考えるレベルで自己探求していたので、かなり追い込まれましたが、結果に結びついて報われました(笑)


今年の春夏秋冬サイクルが「春2年目」の方は、「自己探求」ということを、強く意識してください。

「これくらいでいいかな?」 では、おそらく足りません。

春夏秋冬理論を開発した來夢先生曰く、

「春は悩めば悩むほど乗れている証拠」

「頭に汗をかく季節」

とのことです。

徹底的に自己探求し、その後の大きな飛躍に結びつけてください。


なお、しつこいようですが(笑)、詳しい話は長くなるので、ご興味のある方は、ぜひ講座にご参加ください。