ビジネスの将来性を予測するために、成長カーブというものを利用する方法があります。

成長カーブによって、 「導入期」「成長期」「成熟期」「衰退期」を明確にし、

「このビジネスはいつまで伸び続けるのか?」

「いつから売れなくなるのか?」


といったことを予測することができます。

商品開発などでは、よく使われている予測法です。
Sカーブ
「なぜ春はこない?」実業之日本社より


ある時、経営コンサルタントの神田昌典氏は、何気なく、この成長カーブを自分の今までの人生にあてはめてみました。

すると、怖いほどに合致!

成長カーブでいうところの「導入期」「成長期」「成熟期」「衰退期」が、自分の人生においても見事に説明されてしまったのです。


「こんな簡単に人生の予測ができてたまるか!」

と、自らの思いつきを否定するために、自身のクライアントでも検証したところ、その思いとは逆に、合致する事例が続出してしまいました。

そこで、この仮説の検証を、アストロロジャーの來夢氏に依頼。

來夢氏が、自身の今までのクライアント数千人で検証したところ、こちらでも見ごとに合致したのです。


そこから、さらに、東洋占星学と西洋占星学の見地から理論を補完しました。

1966923_0

このように、経営学と占星学が出あうことによって生まれた、まったく新しいヒューマンサイクル理論。

それが、春夏秋冬理論です。


春夏秋冬理論では、

「すべての事象は12星座や12支で使われている数字と同じ、12年のサイクルで回っており、人生においても12年でひとめぐりするサイクルがある」

と考えます。

さらに、12年を3年ごとに4等分し、それぞれを「冬」「春」「夏」「秋」という季節になぞらえ、季節ごとに学ぶべき課題があるとされています。

その課題をクリアすると、次の12年で新たなステージに進むことができますが、課題をクリアできないと持ち越しとなり、将来(12年後)に同じような課題がやってくることになります。


春夏秋冬理論を活用するには、まずはじめに誕生日から、現在自分が置かれている季節を判定します。

現在クリアすべき課題は何なのか?

そして、これからの季節をどのように過ごしていけば、「人生の波」に乗ることができるのか?


これらを明らかにしていくのが春夏秋冬理論です。


▼春夏秋冬理論の無料判定はこちらをクリック


※春夏秋冬理論はシーズンズ有限会社の登録商標です。
 

■ 西山のメルマガ登録はこちら

■ 不動産セミナーの講演依頼はこちら

■ 不動産コンサルティングはこちら

■ 不動産実務検定認定講座はこちら

■ 春夏秋冬理論ベーシック講座はこちら

■ ライフロジック・コンサルティングはこちら