今週は、「全脳思考ファシリテーション講座」に参加してきました。


現在は「フューチャーマッピング」なのですが、この全5回にわたる講座が募集されたときは、名称がまだ「全脳思考」だったのですね。


そのため、タイトルには旧名称が使われています。



この講座は原則再受講不可となっています。


なのになぜ、私は復習に行けたのか?


実は、今回の講座は12期なのですが、私はその前の11期でフューチャーマッピングのファシリテーションを学びました。


しかし、PTAのお役目がことごとく講座の日にあたりまして、全5回の講座のうち、参加できたのは3回だけ(T T)


「3回では受講回数が足りません!」

と言われまして、振替受講での参加となりました。


このように、私は11期で3回、12期で2回と、ほぼ半々で参加しています。


受講回数で言えば11期なのですが、課題提出は12期で行ないます。


そのため、自分が何期の扱いになるのか、よくわかっていません(笑)



今回は、12期の最終講座だったのですが、受講生仲間のファシリテーションの実演を見ることができ、とても参考になりました。

150205_講座FMぼかし


講座中のフューチャーマッピング・チャートも守秘義務があるので、例によってぼかしています(笑)



自分のファシリテーションというのは、ビデオに撮りでもしなければ見ることはできませんし、他のファシリテーターのコーチングを見るというのも、なかなかある機会ではありません。 


ファシリテーターがどのようにすれば場ができあがっていくのか?


どのようにして問題解決のストーリーを紡いでいくのか?


このようなことを第3者の視点で見ることができ、自分のファシリテーションを反省することができました。



私の場合、力強いのはけっこうなのですが、エネルギーが強すぎるかもしれません。


気の弱い人は、圧倒されて終わってしまうかもしれませんね(苦笑)


その辺りの気づきは、今後のファシリテーションに生かしていきたいと思っています。



今回、自分の長所、短所というものも確認できましたし、フューチャーマッピングの最新ファシリテーション技術も学ぶことができました。


今日からは最新の技術でコーチングを行なっています。


今まで以上にお役に立てるようになりましたので、解決したい問題に直面されている方は、ぜひ西山のコーチングをお試しください。


西山によるコーチングはこちらをご覧ください。